Special Purpose blog

スペシャルパーパスブログ
特殊用途ブログ : ハートフルヒューマンブログでもある
Special Purpose blog TOP  >  Gun チャーターアームズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

.44SPL

カナマル社のガスガン
チャーターアームズの事を最後に書いたのが
2011年1月8日でした

その時の締めの言葉で
「夢は.357トラッカーの6インチモデルと.44ブルドックの2インチモデルを集める事す」

小学生以下の夢を語っていたのですが
その後、すぐに2インチモデルを落札していたのでした

チャーターアームズ アンダーカバー
IMGP0712.jpg

ブルドックの短い版ですね

大きさ比較で
上から.357トラッカー、.44splブルドック、.44splアンダーカバーです
IMGP0728_20130320190900.jpg

箱も各モデルで全く違います
IMGP0713.jpg
さすがに昔っぽいデザインですね

WEのPx4サブコンパクトと並べてみました
IMGP0716.jpg

マルシンM36チーフスペシャル 3インチと並べてみました
IMGP0715.jpg

このマルシンのM36は昔のやつで
銃口に蓋が付いている時のです
IMGP0723_20130320191723.jpg
ワタシこの蓋がイヤでイヤで
この蓋が無くなるまでマルシンのリボルバーは買わないと誓った程です

でもカナマルのこの銃口は許せたんですよね
IMGP0724.jpg
マルシンに対しては「モデルガンメーカーのくせにー」と言う思いがあったようです

アンダーカバー 357g
IMGP0721.jpg

.44splを使うアンダーカバーが357gとはこれいかに
って面白くもない事を書こうと思ったら
もっと面白いことに気付きました

A Mind Beside Yourself ?」のkashiyukoさんがつい最近買った
「VFC H&K UMP」のボルトと同じ重さだったのです
何と言う偶然

「VFC H&K UMP」をお持ちの方はボルトを持ってみて下さい
そうそれ それがアンダーカバーの重さですよー

もういっちょ重さ比較
マルシンM36 3インチ(ABS)が347g
IMGP0722.jpg

3インチのM36よりアンダーカバーが重い理由はコレですかね?
IMGP0726.jpg
中身のメカ

ワタシこのメカを見るたびに
キカイダーの「良心回路」を思い出すのです
全然違うのに


実はココからが本題
このチャーターアームズ アンダーカバーの前オーナーが
予備マガジンを2袋も買っていたのです(1袋3個入り)
IMGP0717.jpg

なのでウチにあるマガジンは全部で16個になりましたとさ
IMGP0718.jpg

もしかしたら本当に
埼玉県民の中で一番チャーターアームズのマガジンを持っているかもしれませんす

スポンサーサイト

.357

今日は休日出勤でした
ぐぬぬっ

昨日の続きの「チャーターアームズ」です

今日はコレ
「.357トラッカー」
R1023643.jpg

中身

「.44ブルドック」とほぼ同じ
R1023667.jpg
R1023668.jpg

R1023670.jpg

箱の側面
R1023669.jpg
6インチモデルが6900円で
4インチモデルが6800円だったみたいす

結構高額

6インチモデルって売ってるの見たことないんす


刻印
R1023671.jpg
R1023672.jpg

この「.357トラッカー」は2挺目

ウチのチャーターアームズ
R1023676.jpg


そのマガジン達
R1023678.jpg
たぶんワタシが埼玉県民の中で
一番チャーターアームズのマガジンを持ってるんじゃないかと思うす

夢は「.357トラッカー」の6インチモデルと
「.44ブルドック」の2インチモデルを集める事す

中々ヤフオクでも見つからないの

[ 2011/01/08 21:16 ] Gun チャーターアームズ | TB(-) | CM(0)

チャーターアームズ

2日連続でトイガン以外の話題を書いたら
アクセスカウンターがおかしくなりました

昨日一昨日のアクセス数が0ゼロで
今日のアクセス数が今現在36です

まぁ36アクセスってのは納得ですがー


今日は予告通りカナマルの「チャーターアームズ」です
まずは「.44 ブルドック」
R1023641.jpg
ハッキリとは覚えてませんが 確か20年くらい前の製品だったきがす

とても画期的なメカニズムを持ったトイガンで
そのゲテモノメカニズムの為に全く売れず 一時期投げ売りされた事があるのです

この写真の「.44 ブルドック」
ずーっと昔に埼玉県のとあるショップで1770円で売ってたのです
R1023642.jpg
定価5800円が1770円ですよ
1770円でもかなりの数売れ残っていたんです
今思えば全部買っておけば良かったなー

中身
ペラの取説
R1023645.jpg

裏はパーツ表
R1023647.jpg

壊れやすいスペアマガジンの正しい使い方とマナー指導書
R1023648.jpg

本体
R1023649.jpg

カメラのレンズ具合で樽っぽく写っちゃった右側
R1023651.jpg

銃身の刻印
R1023652.jpg

R1023654.jpg

銃口が残念なんす
R1023650.jpg
先端が蓋っぽいので接着されちゃってます

一番カッコイイ所 シリンダーラッチ
R1023656.jpg
S&Wとかコルトほど洗練されてない
この無骨さがタマラナイ


このシリンダーラッチを引いて
スイングアウトするとー

パカっと
R1023657.jpg
メカニカル出たー

とてもリボルバーの中身とは思えない

円形の部品がマガジンす

R1023658.jpg

これマガジン
R1023659.jpg
装弾数10発

当時のリボルバーのエアガンは命中率が悪かったので
あの伝説のトイガン設計士 六人部 氏の「六研」が設計した画期的なメカニズム


リボルバーのくせにシリンダーが回らないってんで
全く売れなかったみたいです

実はワタシ この「チャーターアームズ.44ブルドック」は2挺目でして
明日書く予定の1挺目の「チャーターアームズ.357トラッカー」は定価で買ったんスよね

だって「チャーターアームズ」がトイガン化されるなんて思っても見なかったですからね
超興奮して買った記憶があります


長くなったので続く
[ 2011/01/07 22:34 ] Gun チャーターアームズ | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

なしち

Author:なしち
猫背大王

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。