FC2ブログ

Special Purpose blog

スペシャルパーパスブログ
特殊用途ブログ : ハートフルヒューマンブログでもある
Special Purpose blog TOP  >  2014年08月15日
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

かんごし!

ワタシが今居るこのフロアには
「血液内科」
「脳神経外科」
「消化器内科」
の患者が入院しているチャンポンフロアなんです。
まれにその他の科の部屋が足りない時に、このフロアに移される事もあるのです。

そんなごった煮フロアには約30人ほどの看護師さんがいます。
内2人は男性。


皆さんあの難しいであろう国家試験をクリアした有能者。

しかし有能者でもそこは人間、色んな看護師さんがいらっしゃいます。

気が利く人、利かない人。
手際が良い人、悪い人。
話し掛けやすい人、掛けにくい人。
笑顔が自然に出る人、作り笑いの人。

等々


ワタシが入院して早々に担当になった看護師さんが、笑顔の素敵な21歳のうら若き看護師さん。
宮城県出身。

笑顔が本当にいい笑顔なんです。
作り笑いじゃ出せない笑顔。

入院して直ぐにお世話になったので、まるで雛鳥が初めて親鳥を見たかの如く、ワタシの脳裏に焼き付いたのです。
頭髪も雛鳥っぽいですし。

笑顔の国のお姫様。

おじさんメロメロ。

心のあだ名は「マドンナ」に決定。

あ、いや、心のあだ名っつか、本人にもワタシのマドンナですって言ってるんですが。

ただこの笑顔、他のおっさん達をもメロメロにしちゃってるので危険です。
男を勘違いさせる笑顔と思われます。

ワタシの隣に新しく入院して来た人、
たぶんワタシより若いおっさんなんですが、奥さんがよく見舞いに来るのです。
物静かな人で、奥さんに対するしゃべり方もボソボソ系なんです。
看護師さんにも必要以上の事はしゃべらない人なのに、このマドンナにはいっぱい話し掛けたのです。
普段聞いたことない笑い声をあげながら。

この人もやられてしまった様です。

漫画とかでよくある「白衣の天使」とは正にこの事。
そのくらいの破壊力のある笑顔。

ただこの笑顔は患者全員に向けられている事を忘れてはいけません。

ワタシくらいのバツイチになるとその辺は理解済みなので安心ですが、
純なピーチボーイは惚れる事請け合い。

いや
家族持ちのおっさんも、気をつけないと崩壊しかけるので注意が必要です。

続く

ガラケーから送信
スポンサーサイト



[ 2014/08/15 07:05 ] 入院日記 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

なしち

Author:なしち
猫背大王

Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ